カーテンの選び方に迷ったら|マイカラーがきっと見つかる

室内

寝具として利用する

ベッド

ベッドは良い睡眠を得るためにも有効なアイテムであり、日本でも使用している人がたくさんいます。店舗でも購入することができますが、選択肢の幅が広い通販も人気が高くなっています。外国などの製品も気軽に注文できます。

もっと読む

灯りの会社

明かり

大光電機は大手の照明器具のメーカーです。小売りをあまりしていないので一般には認知度が高くないですが、販売先は大手の企業ばかりですので家や外出先で大光電機の照明をよく目にしているはずです。大光電機の照明を見たいと考えているのならショールームに足を運ぶことをお勧めします。

もっと読む

カーテンで快適空間づくり

インテリア

機能性かデザイン性か

カーテンは、お部屋の中で割と大きな面積を占めていて存在感があるものです。だからこそ、カーテンの選び方で失敗はしたくないものです。遮光、遮熱、防汚、防炎、UVカット効果など、最近のカーテンは高機能になってきました。遮光によって安眠できたり、遮熱によって省エネできたりと高機能なことはカーテンの選び方のポイントでもあります。でも、カーテンの選び方でこれらの機能と同じように重視したいのが、素材や柄などのデザイン性なのではないでしょうか。暖色系・寒色系と交換すれば季節を楽しめます。ポップな色や柄を選べば明るいイメージになります。無地や柄織りなどのシンプルなカーテンにすれば、一年中通して使え、落ち着いた空間にもできます。カーテンの選び方によって、自分に合った空間は何通りもつくり出すことができます。しかも壁紙の張り替えのような難しさもなく、簡単にできるのが良い点です。もし、自分が求める機能とデザイン性、両方とも揃ったカーテンがなかったらという場合、まずはデザインで選び、機能付き裏地をプラスするというのもおすすめです。

カーテンの種類も様々

カーテンの選び方で失敗しないためには、その種類も知っておくと参考になります。カーテンは生地の厚さで種類が分かれます。厚地のカーテンをドレープカーテン、薄地のカーテンをレースカーテンと言います。ドレープカーテンの選び方でも雰囲気を変えることができます。上部にあるヒダ山が2つのものは生地が少なくて済む分安価です。山が3つのものは高価になりますが高級感が出せます。形状記憶加工されていれば長期間美しさを楽しむことができます。また、レースカーテンは2種類あり、編んで生地にしたレースと、織って生地にしたボイルとに分かれます。レースは編み物なので花などの色々な模様を編み込むことができます。ボイルは細い糸で織った織物で、レースより透け感のある細かい生地目の質感なので、プリント加工に適しています。レースカーテンの選び方で、見えにくい遮断機能を求めるなら、ボイルではなく、特殊糸を編み込めるレースが種類が豊富で選びやすいでしょう。このように、カーテンの選び方も何に重点を置くかで決まってきます。色々検討してお気に入りのカーテンを見つけましょう。

家庭内を明るく照らす

照明

個人の住宅から複合商業施設などの幅広い照明設備に対して、ダイコーは実績を誇っています。特注照明を注文する際も、しっかりとお客様と話し合いをしてくれます。イメージを固めてから設置作業を進めてくれるので、安心して頼めます。

もっと読む